トップ.メニュー

秋田清酒

蔵フォト

伝統の手法と独自の手法と 山廃仕込み.....
刈穂の山廃仕込みには、昭和初期から大戦まで用いられていた昔ながらの手法に 独自の手法が取り入れられています。特徴はなんといっても厳寒期のの長期低温発酵で、 その発酵期間は、 「酒母」「もろみ」を通じて二ヶ月にもなります。淡麗繊細ながら 山廃仕込み独特の味とコクが調和している酒質はそこから生み出されます。 また、蔵で酵母を自家培養し、蔵にあった酵母の保持に努めています。
もうひとつの以外な技 仕込み水....
香りが良く、キレのある刈穂の酒質は、その仕込み水によるところが大きいといえます。 仕込み水は、雄物川の支流、玉川の伏流水にあると思われる、 秋田県では珍しい中硬水。 また、 山廃に適した成分が多く、この性質は酵母の生育しやすい環境を作り出します。 それは発酵期間が長くなっても安全な醸造が出来ることにつながります。
昔ながらの酒槽から生まれる刈穂の酒....
刈穂の蔵には六槽の槽(酒をしぼるための道具)があります。 現在ひとつの蔵にこれだけの槽があるのは珍しく、他の蔵では人手と手間が掛かるため新しい 機械にとって代わられているのに刈穂ではいまだにこの手法にこだわり酒造りを続けています。 槽口からほとばしる原酒は蔵内に芳香を漂わせ、ときおり響く槽のきしみは新しい酒が生まれる 期待とロマンを感じさせてくれます。


刈穂-購入┃刈穂.限定品-購入滄溟海の購入
秋こがねの購入出羽鶴の購入



ページ一番上の┃酒┃蔵元┃杜氏┃Photo.Gallery┃Home.page┃から各蔵元の情報を見ることが出来ます。

お酒の銘柄などの検索によりこのページに来た方は、右下のバナーよりメインページに入る事が出来ます。

Copyright 2000-2010 Sakasho Kobayashi All Rights Reserved
RETURN TO TOP
メインページへリンク
メインページへリンク フォト.ギャラリー 酒 ホームページ