トップインフォメーション

株式会社佐浦 宮城県

(価格は消費税込みの価格で表示しています)


浦霞 からくち 本醸造
からくち 本醸造
旨味ふくらむ淡麗辛口!

旨味ふくらむ淡麗辛口は、飲みあきしない。落ち着いた香りのさっぱり旨口の本醸造は、燗にもよし。

浦霞 辛口 本醸造
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:ササニシキ(宮城県産)
■精米歩合:65%
■アルコール度:16.5
■日本酒度:+2
■酸度:1.2
■箱:無し
■保存方法:火入れ/冷暗所

720ml(1,100円) 《完売》
1.8L(2,350円) 《完売》



浦霞 禅 純米大吟醸
禅 純米大吟醸
旨味ふくらむ淡麗辛口!

旨味ふくらむ淡麗辛口は、飲みあきしない。落ち着いた香りのさっぱり旨口の本醸造は、燗にもよし。

浦霞 禅 純米大吟醸
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:トヨニシキ、山田錦
■精米歩合:50%
■アルコール度:15.0〜16.0
■日本酒度:+3
■酸度:1.2
■箱:無し
■保存方法:火入れ/冷暗所

720ml(2,270円) 《完売》



浦霞 ひやおろし 特別純米
ひやおろし 特別純米
ほどよい酸味と熟成感、ふくらみのある味わい!

■鈴木杜氏コメント/平成23年産の《ササニシキ》は、夏場の天候も良好で品質も良く、蒸米も適度な弾力性があり、麹やモロミに使用するのに良い状態でした。

東日本大震災後に、被災した本社蔵の土蔵の仕込み蔵ではホーロータンクからステンレスタンクに交換しましたので、例年以上にモロミの温度管理には気を遣いました。
いっそうの品質向上を目指して貯蔵・熟成にも最新の注意を払いながら、浦霞のひやおろしらしい、ほどよい酸味と熟成感、ふくらみのある味わいのお酒をお届けしたいと考えています。
浦霞 ひやおろし
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:ササニシキ(宮城県産)
■精米歩合:60%
■アルコール度:16.5
■日本酒度:+1
■酸度:1.5
■箱:無し
■保存方法:生詰/要冷蔵

720ml(1,410円) 《完売》
1.8L(2,880円) 《完売》



浦霞 純米酒
純米酒
キレがいい淡麗旨口!

米の旨味がふくらみながら、喉ごしすっきりとキレがいい淡麗旨口。香味のバランスが佳色。

浦霞 辛口 本醸造
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:まなむすめ
■精米歩合:65%
■アルコール度:15.0〜16.0
■日本酒度:+2
■酸度:1.5
■箱:無し
■保存方法:火入れ/冷暗所

1.8L(2,630円) 《完売》



浦霞 特別純米 しぼりたて
特別純米 しぼりたて
震災により被災した蔵ので醸すはじめての新酒

震災のより塩竃にある本社蔵は地震や津波の被害を受けましたが、皆様の暖かい励ましとご支援を頂き、復旧工事もほぼ終わりました。

そして、新酒の仕込みを出来るまでになりました。この浦霞しぼりたては、震災により被災した蔵ので醸すはじめての新酒であります。
復興ののろしでもあるこの浦霞特別純米しぼりたてを是非御賞味願います。
浦霞 特別純米酒 しぼりたて
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:ササニシキ(宮城県産)
■精米歩合:60%
■アルコール度:16.5
■日本酒度:+1
■酸度:1.5
■箱:無し
■保存方法:生酒/要冷蔵

1.8L(3,050円) 《完売》



浦霞 特別純米 寒おろし
特別純米 寒おろし
まろやかでトロリとした熟成の味わい!

春先にしぼられた新酒は一度火入れ(加熱殺菌)されたあと、暑い夏の間をひんやりと蔵で眠って過ごし、熟成を深めます。やがて秋風が吹き始めた9月頃から出荷される『冷やおろし』。

そして、『寒おろし』は更に熟成期間を伸ばし、北国では木枯らしが吹き始め、日本全国でも本格的な寒さが訪れず11月下旬頃から満を持して出荷されます。
熟成されたお酒は2度目の加熱殺菌をせずに出荷されるため、豊かな旨味が更に深まり、まろやかでトロリとした熟成の味わいが、寒おろしの魅力となります。
平成22年2月上旬上層、瓶詰め。瓶熟成を10ヶ月間。
浦霞 特別純米酒 寒おろし
■限定品
■蔵元:株式会社佐浦
■産地:宮城県
■原材米:ササニシキ(宮城県産)
■精米歩合:60%
■アルコール度:16.5
■日本酒度:+1
■酸度:1.5
■箱:無し
■保存方法:生詰/要冷蔵

720ml(1,470円) 《完売》
1.8L(2,980円) 《完売》



ページ一番上の┃酒┃蔵元┃杜氏┃Photo.Gallery┃Home.page┃から各蔵元の情報を見ることが出来ます。

お酒の銘柄などの検索によりこのページに来た方は、右下のバナーよりメインページに入る事が出来ます。

Copyright 2000-2010 Sakasho Kobayashi All Rights Reserved
RETURN TO TOP
メインページへリンク
メインページへリンク