トップインフォメーション

郷乃譽 山川草木(さんせんそうもく) 茨城県
二千年前の光と風がいま蘇る.......
『山川草木』......“あるがままに” 日本酒は米と水と匠の技、そして哲学から生まれます。しかし、自然を越えることは何人たりとも出来ません。「自然に身をゆだね、いつも自然の傍らにいて、あらゆる感性を研ぎ澄ませ、万象を感じ取りながら、日本酒を醸す」。そんな思いから、人の影が全く映らないお米を探し始めました。
奈良県平城宮跡から炭化した米が発見されたと聞いた時は感動で体が震えました。この米は専門家によって遺伝子レベルまで解析することが出来、西暦0年から紀元前400年の米と解りました。同じ遺伝子構造をもつ僅かな種籾から自家田での栽培、収穫へ。
造りに於いても人の影が映らぬよう、当家伝来の伝承最古法仕込みで醸し、まさに天の恵み、地の恵み、大いなる自然があるがままに醸した日本酒がここに誕生しました。自然であるが故にもてる気品と朴訥な味わいをご堪能下さい。

(価格は消費税込みの価格で表示しています)


山川草木 純米吟醸 無濾過生々
限定品
山川草木 
■蔵元:須藤本家株式会社
■産地:茨城県
■原材米:古代米
■精米歩合:非公開
■アルコール度:15.0〜16.0
■日本酒度:非公開
■酸度:非公開
■上槽:中汲み槽掛け
■甘辛:辛口
■販売本数:限定82本
■蔵元コメント/味、香りともに通常の純米吟醸、純米大吟醸では醸し得ない深みと奥行きを有し、熟成バランスが非常に良く、良い纏まりを見せています。
味がしっかりとしていながら深い透明感があり、うすいシルクが幾重にも重ねたような味と深い味幅とその余韻、そして軽快な深い酸の広がりと味のキレを感じます。
この味わいを維持するため、無濾過のままお出しします。オリがうっすらと出る可能性がありますが、品質に問題はありません。 
■古代米について
『山田錦は確かに素晴らしい酒米ですが、人の手で改良されてきた米ですからどうしても人の影が酒に映ります。だから人の影が映らない朴訥とした自然のままの酒を造るための米を探していました。そして見つけたのがこのお米です。』
■お召し上がり方
お求め後、冷蔵庫で2日程度静かに寝かせた後グラスにそっと注いでお召し上がり下さい。冷えたまま飲んで頂いても良し。デキャンタ後若干温度が上がるのを待って飲むも良し。お客様のお好みでそれぞれの温度帯でお楽しみ下さい。  

720ml(42,000円) 《完売》



郷乃譽の購入花薫光の購入黒吟限定品の購入山桜桃の購入
山渡の購入山川草木の購入花あわせの購入雪の舞の購入
ホームページ霞山の購入



ページ一番上の┃酒┃蔵元┃杜氏┃Photo.Gallery┃Home.page┃から各蔵元の情報を見ることが出来ます。

お酒の銘柄などの検索によりこのページに来た方は、右下のバナーよりメインページに入る事が出来ます。

Copyright 2000-2010 Sakasho Kobayashi All Rights Reserved
RETURN TO TOP
メインページへリンク
蔵 メインページへリンク ホームページ 限定品の購入